ご相談や問い合わせなどのメールはこちらから。組合に直接送られますのでお気軽にどうぞ!
 尾北教職員労働組合(尾北教労)は、子どもが輝き、教職員が安心して働き続けられる学校をめざして活動しています。学校で困ったことがあれば、メールでご相談ください。
 その他、組合へのお問い合わせも気軽にどうぞ!  

〒484-0802 愛知県犬山市羽黒安戸西一丁目2 
犬山市立東小学校内 
TEL0568-67-5400 FAX0568-69-0337
尾北教職員労働組合

尾北教職員労働組合(尾北教労)

       すすめよう30人学級の実現 
                    つくろう子どもが輝く学校を!





熊本地震及び東日本大震災により被災されたみなさまに心よりお見舞い申し上げます
復旧・復興に向けたゆきとどいた支援を政府・行政に要望します

   最近のニュース
ほんりゅう尾北229号(2018年5月).pdf
「憲法9条を守ろう!」「管内全校長へ年度初めの要請を行う」
 昨年5月、安倍首相は、憲法9条を改正し、2020年の施行を目指す考えを示し、それを受けて、自民党は、今年3月、改憲発議に提出する改憲案をまとめました。今、改めて憲法9条の大切さについて考えたいと思います。年度初めにあたっての全校長への要請を行いました。内容を紹介します。


ほんりゅう尾北228号(2018年4月).pdf
「丹葉小中学校校長会との懇談会(要旨)」
 2月に行われた丹葉地区小中学校校長会と尾北教労との懇談会の要旨を紹介します。「道徳の教科化」「小学校での英語教科化」「全国学力テスト」「勤務時間の適正化」「教職員の健康問題と多忙化解消」について、現状の課題と今後の対応などを話し合いました。
<資料>
「尾北教労からの提言と要請」(校長会との懇談会)
 


名古屋市中学校での前川氏授業に対する不当な介入に抗議する(ほんりゅう4月緊急号)
 名古屋市立中学校で行われた総合の時間での前川喜平氏の講演について、文科省が当該中学校と名古屋市教育委員会に対して不当な介入を行いました。これは、国による教育統制につながる重大な問題であり、尾北教労は、林文科大臣に抗議文を送りました。抗議文の内容を紹介します。


「犬山市部活動ガイドライン」の策定
 犬山市教育委員会は、1月に「犬山市部活動ガイドライン」を策定し、保護者向けの「お知らせ」も作成し、部活動の見直しに向け、取り組みを進めています。
特に「なぜ見直すのか」について「教員の多忙化が大きな社会問題となるなかで、教員の本来の業務である、子どもたちと向き合う時と場を確保するため」「教員の最も重要な業務は、一人一人の子どもに丁寧に関わりながら質の高い授業や個に応じた指導を実践していくことです」と、部活動を見直す必要性についてきちんと説明していることが重要だと言えます。内容についても、「早朝練習のとりやめ」や「休日の部活動」など、現実的に見直しが進むよう具体的に示されています。県内の各市町村でも同様の取り組みが急速に進められています。尾北の他の市町でも部活動の見直しの論議が進む中、こういった「ガイドライン」を作成し、生徒や保護者の理解を得ながら、見直しを進めることが早急に求められています。
<資料>
「犬山市部活動ガイドライン」(平成30年1月・犬山市教委)

「犬山市部活動ガイドラインについて」(保護者向けお知らせ・平成30年1月・犬山市教委)


   お知らせ

<催し物のご案内>   




〒484-0802 愛知県犬山市羽黒安戸西一丁目2 犬山市立東小学校内 
TEL0568-67-5400 FAX0568-69-0337
尾北教職員労働組合